水のトラブルは早めに対処|業者選びの法則

配管

水まわりのことなら

トイレ、キッチン、洗面所、浴室などで水漏れ・詰まりなど水のトラブルが起きてしまったら早めに修理業者に依頼するようにしましょう。業者を選ぶ時には料金・スタッフの対応・出張してくれるエリア・対応スピードをなどを比較して選んでみましょう。

水

水周りを清潔に保つ

水のトラブルを解決するには修理業者を招きます。水道のプロは機材の仕組みを理解した上で修理できる技術を持っているのです。修理業者の中には二十四時間体制で仕事を受け付けている場所もありますので、即座に対応してもらいたい時は活用しましょう。

蛇口

業者が人気な理由

水のトラブルが起こってしまった場合、すぐに問題を解決する必要があります。その際は専門業者に依頼しましょう。水のトラブルの業者は24時間365日、即日対応してくれる業者も沢山あります。利用する際はなるべくお住いの地域から探すと良いでしょう。

メニュー

業者

早めの対応が大事

水のトラブルはできるだけ早く対応する必要があります。水のトラブルの業者は24時間対応していることが多いので便利です。修理についても、どのような修理を行うかということや費用を事前に説明するので安心して依頼できます。

作業者

トラブルの多い箇所

家庭で水のトラブルが多いのがキッチンの蛇口と排水口周りです。蛇口のコマは旧来の方式であれば自分で交換も可能ですが、最近のものは専用工具が必要なので業者に頼むようにしましょう。排水口のトラブルの多くは汚れが原因なのでこまめな掃除を忘れないようにしましょう。

慌てずに業者を呼ぼう

作業員

事前に業者を選定しよう

住まいで起こる水のトラブルは、大きな被害が出る前に定期的に見直しが必要です。特にトイレにまつわる水のトラブルは、毎日使用するからこそ早急に対応しなければなりません。トイレのトラブルは、タンク内の水漏れや水が流れないトラブル、便器からの水漏れなどさまざまです。どれも始めに行わなくてはならないのが止水栓を止めることです。止水栓はタンクの横の配管に付いています。蛇口になっているものもあれば、ドライバーで動かす仕様のものもあります。止水栓を止めないまま水漏れの修理を行うと、間違えてレバーを押してしまったり、タンクから水が溢れてしまう二次災害が生じることがあります。止水栓を止めてから水のトラブル専門の業者へ連絡しましょう。タンク内の水漏れは内部の部品の経年変化から起こる場合が多く、パーツを交換することでまた長く使用できるようになります。タンク内のパーツは10年もすると傷んでくるので、時期を見て修理の依頼をしましょう。タンクや便器に亀裂がある場合には止水栓を止めたあと、タンク内の水を抜いてから修理を行います。状況によっては容器ごと交換しなければならない場合があります。また、便器の配管に異物が詰まり水が溢れてしまったときには、慌てずに業者が来るまで待ちましょう。特殊なワイヤーで異物を引き抜いてくれます。 無理に押し込むと更に事態が悪化するので注意が必要です。日頃からトイレで水のトラブルが起こった時を想定して業者の連絡先を確認しておくと便利です。

Copyright© 2017 水のトラブルは早めに対処|業者選びの法則 All Rights Reserved.