水のトラブルは早めに対処|業者選びの法則

メニュー

トラブルの多い箇所

作業者

業者による修理が無難

水のトラブルは家庭で水を使っているところ全てで発生する可能性がありますが、特に水のトラブルが多いのがキッチンの蛇口や排水口周りです。蛇口は頻繁に水を出したり、止めたりする箇所なので、どうしても水漏れが発生しやすくなります。最も基本的なのはコマと呼ばれる部分のパッキンが劣化したり、傷が入ったことによって水がポタポタと落ちるようになります。パッキンはゴムでできているため、年数が経過すると硬化して傷が入りやすくなりますので、定期的な交換が必要です。パッキンが急激に劣化して水が噴き出すことは少ないですが、少しの水漏れだからとほっておかないで早めに交換して下さい。昔ながらの蛇口であれば元栓を停めて、蛇口をモンキーレンチではずすことで簡単に交換することができました。しかし、最近の蛇口は専用工具を使わないと交換できないことが多かったり、コマ以外の部分が原因のことも多いので業者に頼むようにした方が無難です。キッチンの排水口周りの水のトラブルはシンクの下の部分の排水管からの水漏れが多くなっています。この水のトラブルの原因のほとんどが、きちんと掃除をしていなかったことが多く、汚れや油によって排水管の劣化が進み、穴があいて水漏れになってしまいます。また排水管は樹脂でできていることが多く、樹脂は熱に弱いことから熱湯や油を直接排水管に流してしまうと変形して水漏れとなる確率があがります。こまめな掃除やぬめり取りが重要ですが、もしものときに備えて信頼できる水道業者をみつけておくようにしてください。

Copyright© 2017 水のトラブルは早めに対処|業者選びの法則 All Rights Reserved.